「その年、私たちは」のNJ役ノ・ジョンウィのプロフィール、インスタや出演ドラマをご紹介!

キレイな金髪のロングヘアがとても印象的な女性ですが、その美しい外見だけではなく、確かな演技力にも注目が集まっているトップアイドル役のNJこと、ノ・ジョンウィのことが気になりました。

大注目のノ・ジョンウィさんを徹底調査しました。

スポンサーリンク

ノ・ジョンウィのプロフィール(年齢や身長など)

  • 名前:ノ・ジョンウィ (Roh Jeong Eui)
  • ハングル表記:노정의
  • 年齢:20歳(2022年1月現在)
  • 生年月日:2001年7月31日生(しし座)
  • 身長:163cm
  • 体重:43kg
  • 出身地:ソウル特別市
  • 血液型:O型
  • 学歴:漢陽大学校演劇映画科
  • 家族:両親:姉(1992年生まれの9歳差、元野球選手と結婚している)
  • デビュー:2011年映画「俺はパパだ」
  • 所属事務所: ナムアクターズ

ノ・ジョンウィは2001年生まれの現在20歳です。

透明感があり、凛とした落ち着きのある美しい女性なので、もう少し年齢は上かと思いましたが、まさかハタチだとは思いませんでした。

芸歴は11年になりますし、演技力が認められて、今回の出演になったということは納得ですね。

特に12話の「ビギン アゲイン」ではジウンと一緒にお酒を飲むシーンがあります。

NJという役柄はお酒の力を借りなくても、話したいことは話しますし、聞きたいことがあれば、率直に聞く人です。
だけど、お酒を飲まないと聞けないというのは、片思いをしているが故なのかな…と思いました。

その後、かなり酔ったNJの姿になるのですが、本当にハタチなの?と思うぐらい、リアルさがあり、一連の演技に対して誠実に取り組んでいる人なんだと感じました。

トレードマークであった黒髪を華やかな金髪に染めて出演に臨むあたりは、女優魂を見せてくれていますね。

そして、身長163cmに体重43kgって、あり得ないほど、スタイルが良いですね。

現在も大学には在学中のノ・ジョンウィですが、もともとスポーツが得意で、体育大学に進学することを考えたようです。
しかし、演技をする上で、よりプラスになる演劇映画科のある大学に進学しました。

ノ・ジョンウィのインスタグラム

Instagram

このインスタでは、ドラマでの様子が垣間見ることが出来て、必見です。

ノ・ジョンウィの出演作品

【ドラマ】
2011年「僕らのイケメン青果店」
2012年「ドリームハイ2」、「プロポーズ大作戦」、「フルハウスTAKE2」、「馬医」、「頑張って、ミスター・キム!」
2013年「約束のない恋」
2014年「きれい、オマンボク」、「エンジェルアイズ」、「雷に打たれた文具店」、「ピノキオ」
2016年「オクニョ 運命の女」
2017年「医心伝心~脈あり!恋あり?~」、「魔女の法廷」
2019年「Kill it」、「偉大なショー」
2020年「すべてそこにある」、「18 アゲイン」
2021年「ディア エム」、「その年、私たちは」
2022年「Dear.M」(予定)

【映画】
2011年「I Am a Dad(俺はパパだ)」、「Gochibang: Our Ideal」
2015年「リバイバル 妻は二度殺される」
2016年「探偵ホン・ギルドン 消えた村」
2018年「少女の世界」
2019年「I Want To See Your Parents’ Face」、「ヒッチハイク」
2020年「私が死んだ日」

ノ・ジョンウィがピノキオでパク・シネの子役を演じ、似ていると話題に

多くの作品に出演し、着実に演技力を磨いてきたノ・ジョンウィ。
その中で大きな転機となったのは「ピノキオ」です。

パク・シネの子役を演じたのですが、あまりにも似ているので、演技力もさることながら、そのビジュアルにも注目が集まりました。

他にもオクニョや馬医の子役など、名作と言われるドラマにも出演してきました。

そして、「偉大なショー」では主要キャストとなり、「すべてそこにある」ではついに主演を務めるまでに至りました。

金髪の華やかな姿に注目が集まった「その年、私たちは」ですが、年は20歳と若くても芸歴11年という経歴を持つノ・ジョンウィという女優の実力が感じられる作品だと思います。

今後のドラマの進展も気になるところですが、ノ・ジョンウィのさらなる活躍を今後も期待していきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました